2022.1.20綿毛日記

今日は楽しみにしていた釣りの日!
極寒で雪もちらつく中、手がかじかんでゴカイがなかなか針につけられません…
浜辺の焚き火と堤防を何往復もして手を温めていた中学生。真っ赤な手で、今日も根気強く頑張っていました。

寒さと並んで大変だったのが強風。
ジャンパーが飛ばされて海に落ちたり(網で無事回収)、ホットドリンクを作ろうとしていた紙コップが倒され粉が吹き飛んでいったりと(スタッフ爆笑)、ハプニングだらけでした。
でもそんな逆境もへっちゃら。
ビニール袋がはためくのを見て思い付いた遊びが凧上げ。ポチと名付けて散歩を楽しんでおりました。

お昼ごはんのときに何度も何度も「うまい!」「豚汁がしみわたる」「寒いからうまく感じるわ」と言っていた男の子。
後からお父さんに聞くと、偏食気味だから大丈夫かな?と心配していたそう。
いっぱい遊んでお腹がすいてたのかな。
寒い日に外で食べるあったかいごはんって最高だよね!

(ゆみこ)

2022.1.19綿毛日記

綿毛で作っている大根とブロッコリーを使って、美味しいシチューを作りました!

水やり&収穫を手伝ってくれたのは3年生の女の子。大根はなかなか抜けなかったけれど、立派に育ってくれて大満足!
「大根に穴が空いているよ?」「無農薬だから虫が食べるんだよ。美味しい証拠だよ。」「農薬使っていないんだ、すごいね!」
そんな会話をしつつ、お日様の元で土いじり。
素敵な1日の始まりでした。

完成したシチューは大根もブロッコリーも甘くてホクホク、とっても美味しかったです♪

*****

さてさて、音楽室(仮)の壁画ですがいよいよ大詰め。来週で一旦は終了です。

今月は運良く水曜日は雨が一度も降りませんでした。
どうか来週も晴れますように。

(みっきー)

2022.1.12綿毛日記

倉庫の壁画、だんだん完成に近づいています。
今日は小学生の男の子が3人、一緒に制作しました。
「青と黄色で緑をつくったらいいんじゃない?」「ローラーのほうが早いかも!」
など、たくさん提案してくれました。

色が垂れたところを白で丁寧に修正してくれたり、形を整えてくれたり。
身体全体をつかってなかなか疲れる作業ですが、子どもたちが積極的に取り組んでくれているおかげで着々と進んでいます。

今日は子どもの数が多く、とってもにぎやかでした。壁画のほかには、百人一首や、鬼ごっこなどをしました。
百人一首を見ていた小2の男の子、何かをひらめいて札の隙間にどんどん動物の模型を置いていきます。どうやら倒さずにとらなければならないようです。札も見えにくくなってぐんと難しくなったけど普通の百人一首より楽しい。遊びのアイデアがどんどんわいてきてすごいなぁ、と感心したスタッフでした。

(みっきー)

2022.1.11綿毛日記

年が明けて、もう10日以上たちましたね。ちょっと遅いかもしれませんが、綿毛では福笑いをしました。

ゆみこちゃんが作ってくれた福笑い。早速ゆみこちゃんが挑戦していると…
「ちょっと直してあげるね。」と顔のパーツを微調整するAくん。
私が挑戦していると…
「その辺りで良いよ!」「もうちょっと下だよ。」とアドバイスをしてくれるAくん。(おかげできれいな顔が作れました。)

親切心なのか手助けしてくれるAくんの行動が面白くって、スタッフ2人は大ウケでした(笑)
福笑いって、チーム戦とかにして協力しながらやっても楽しいのかも?新たな発見です。

今日は他にもドミノをしたり、めいろを作ったりと雨の日ではあるものの、たくさんの遊びをしたAくん。
今年も綿毛で色んなことをやろうね!

(いくみん)

2022.1.6綿毛日記

登所一番にAくんがリュックから出したものは、大量のゲームソフト!
「Bちゃんと一緒にやるって約束したんだ~」
ゲーム好きの2人、顔を寄せ合って小さな画面をのぞき込む姿が微笑ましい。
Cくん「なんかAくんとBちゃん(まるで)兄妹やん」ほんとだねぇ。
するとDくんが「えっ兄妹やったん!?」いや違うよ!?
何回も会ってるはずのDくんの勘違いと、それくらい仲良しな2人にほっこりでした。

昨日山で見つけた場所に、秘密基地をつくる計画を教えてくれたCくん。
今日も山探検、みかんトロッコのレールがどこまで続いているかを見に行きました。
「隊長どこまで行くんですか~?」「隊長、枝が多くて進めません!」と、なかなか頼りない年上隊員2名(うち1名大人)。
隊長と呼ばれて気が大きくなったのか「おっせーぞ!」「お前弱っちいな!」なんて言っているCくんに年上隊員Dくんは怒るかと思いきや、「隊員のことを考えて助けてあげるのが隊長の役目やぞ」と優しく諭します。
その後Cくんは、後ろの隊員のために枝をよけていてくれたり、先に進んでいたのに戻ってきてくれたりと、かっこいい隊長に大変身。
息が合ってないようでいて、意外とぴったりなコンビなのでした。

(ゆみこ)

2022.1.5綿毛日記

新年明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いします。

倉庫の壁画、いよいよ色塗りが始まりました!小学生の男の子たちが考えてくれたデザイン、ドラゴンと星と、炎が塗れました。
今日参加してくれた子がどうしても電車を描きたくなって、ドラゴンたちの戦いのさなか、急遽運行することに。笑

壁画は午後から1時間ほど描き、そのほかはいつも通り室内や畑で活動しました。
今日は大根を収穫。前から気にしてくれてたようで、「もう大きくなってたよ!」と教えてくれました。
子どもたち同士で風船バレーをすることも。

今日もそれぞれ、自由にいろんな活動をして過ごしました。

(みっきー)

たくさんのご支援ありがとうございました♡

「子どもたちの居場所をもっともっと松山に増やしたい」という想いで初のクラウドファンディングにチャレンジしました(^^)/

おかげさまで、126人の方から1,388,335円のご支援をいただきました!

2022年度から松山市内で、子どもが歩いて行ける距離にある子どもの居場所(遊び場)を必ず実現していきます!

不登校の子どもたちの多くはフリースクールまでたどり着くことなく家で過ごしています。ゲームや動画を見て遊んでいると思う人もいるかもしれんせんが、みんなどこかに居場所を求めています。自分のことをわかってくれる人を探しています。ホッとできる場所を探しているのです。

もしも、子どもの歩ける距離にプレーパークがあって、信頼できるお兄ちゃんやお姉ちゃん、おじさんやおばさんがいたならば、そうした子どもたちの相談にのれるかもしれない。一緒にゲームを楽しむ仲間に出会えるかもしれない。笑い会える時間を過ごせるかもしれない。

「君は君でいいんだよ」

「みんな違ってみんな良い」

そう感じることのできる子どもの居場所を作りたい。

どうか2020年、子どもの居場所づくりへの協力をよろしくお願いします。

フリースクールたんぽぽの綿毛の代表の山本(よっしー)です。

NPO法人みんなダイスキ松山冒険遊び場としてフリースクールを始めて、2022年3月で3年となります。


子どもたちが元気になっていくことを応援するために日々スタッフ同士話し合いを繰り返しながら、より良い方法を考えて活動プログラムを作ってきました。

また、愛媛県下のフリースクールがネットワークを組み愛媛県フリースクール等連絡協議会を立ちあげ、2021年11月28日(日)には2回目の不登校支援フォーラムを開催することができました。
https://peraichi.com/landing_pages/view/ehimefs-news ・・・このフォーラム活動報告です。

愛媛県教育委員会とも連携が進み、フリースクールたんぽぽの綿毛に通う多くの子どもたちが出席扱いとなっています。

来年も子どもたちの未来を照らす光になるべく活動に邁進していきますのでどうか応援よろしくお願いします。

また、不登校に関する相談は来年も引き続き随時受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

2021.12.23綿毛日記

年内最終日。
今日は、綿毛の運営母体である松山冒険遊び場がやっている、年末の餅つきに参加してきました。
松冒の他事業(キャンプや釣りイベント等)のスタッフさんや、山の草刈りを手伝ってくださっている方々、
さらに他のフリースクールさんも呼んでみたりして、普段の綿毛では見ることのない大人数!
餅米は松前町のときファームの常盤さんからいただきました。無農薬、無化学肥料の農業に力を入れておられる方で、綿毛では普段の昼食にもこちらの”なのはな米”を購入しています。
たくさんの方に関わっていただいていることに感謝しながら、みんなでわいわい、楽しい時間を過ごしました。

・大きなかけ声で餅つきをはりきる子
・和菓子大好き、あん餅をたくさん食べた子
・なぜか竹の平均台にはまってずっと挑戦してる子
・お餅食べなーい、餅つきもしなーいと、ひたすら山の斜面でそり遊びをした子
・斜面をどこまでも登っていく子
・他のフリースクールの子たちと馴染みすぎててそっちの参加者かと間違えそうだった子

いつもながらフリーダムな綿毛メンバーなのでした。
来年も楽しい活動がたくさんできますように!


○●クラウドファンディング挑戦中●○
多くの方に応援していただき感謝しています。
期限は本日12/25の24時まで。残り9時間になりました!
子どもの居場所を守り、多様な学びを提供するために、ご支援やSNSでのシェアでご協力いただけると幸いです。
https://camp-fire.jp/projects/view/434009

(ゆみこ)

2021.12.22綿毛日記

午前中は山の上の倉庫の壁にお絵かきをしにいく人、室内でクッキーづくりをする人に別れて活動しました。
山の上の倉庫の絵は、前回下塗りができたので、デザインを決めて下描きの日。
小学生の男の子たちが考えてくれたデザイン、かっこいいドラゴンが登場します。かっこいいだけじゃなくて、おんぷやたんぽぽの絵も。
カラフルで自由なイメージの壁画ができそうです。たのしみ!
テープをつかって大体の位置を決めて、スタッフが鉛筆で下描きをしました。
1月から、3回かけて色塗りをします。

クッキーは、アイシングのペンをつかってデコレーションしました。アイシングの扱いが難しくって苦戦しましたが、素敵なクッキーがいっぱいできました。

今日は人数も多くて、にぎやかで楽しい1日でした。


○●クラウドファンディング挑戦中●○
多くの方に応援していただき感謝しています。
期限は12/25まで。残りわずかとなりました。
子どもの居場所を守り、多様な学びを提供するために、ご支援やSNSでのシェアでご協力いただけると幸いです。
https://camp-fire.jp/projects/view/434009

(みっきー)

2021.12.21綿毛日記

【実録!綿毛のトイレに花子さんはいるのか!?】

iPad片手に元気よく撮影するのは、今日から来ることになった小学二年生の男の子。カメラの操作に自信があるようで綿毛の中で連写をしたり、すごく横に長い写真を撮影したり。Android派の私よりもよっぽど上手く使いこなしています。

「大変だ!花子さんがいる!」

そんな彼が何やらトイレのほうから慌ただしく走ってきました。え?トイレに何か居たっけ?と思う私に差し出したのはiPad。おそるおそる撮影したであろう動画を再生すると…
もちろん花子さんは映っていませんでした(笑)
だけれども、「ね?居たよね?」と同意を促す彼。そうかこれは、〈花子さんを撮影したレポーターごっこ〉だ!

小学二年生の彼…いえ、レポーターの彼はその後何度か花子さんの撮影に挑戦。途中で同学年のアシスタントが一名加わり、最終的には花子さんをトイレの水で流して退治したのでした。
(楽しそうだったのでトイレで遊ぶんじゃないよ、という苦言も流しました。)
退治の仕方が面白い!

花子さんレポートの後はごはんを作る由美子ちゃんの様子や、3本先取のUNOの試合など色々なものを撮影。
いつか綿毛の紹介動画もとってくれないかな~。


○●クラウドファンディング挑戦中●○
多くの方に応援していただき感謝しています。
期限は12/25まで。残りわずかとなりました。
子どもの居場所を守り、多様な学びを提供するために、ご支援やSNSでのシェアでご協力いただけると幸いです。
https://camp-fire.jp/projects/view/434009

(いくみん)