不登校の子どもたちを応援する教育機会確保法ができて4年が経ちましたが・・・

平成29年4月4日に文部科学省が通知を出した「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する基本指針の策定について(教育機会確保法)」をご存知でしょうか?

不登校の子ども達を応援する新しい法律が2017年2月14日に制定されてから、4年が経ちました。不登校の子ども達は、全国で令和元年度18万人以上となり、7年連続で増え続けています。

愛媛県でもコロナ禍の中、不登校になる子どもたちが増えています。愛媛県教育委員会によると令和元年1月時点の愛媛県の不登校生徒数は1352人に対し、令和2年1月時点の不登校生徒数は1617人となり、265人増えています。(不登校生の人数は月3分の1以上欠席したものの内、学校が不登校と判断したものの数です。)

この法律についてどれぐらいの人が知っているのか?学校の先生は理解しているのか?

今回はこの法律のことを少し説明させてください。

基本指針に書かれていること・・・

この基本理念を踏まえ,不登校児童生徒等に対する教育機会の確保等,夜間その他特別な時間において授業を行う学校における就学の機会の提供等,教育機会の確保等に関する施策を行うことが必要である。
まず,全ての児童生徒にとって,魅力あるより良い学校づくりを目指すとともに,いじめ,暴力行為,体罰等を許さないなど安心して教育を受けられる学校づくりを推進することが重要である。
不登校は,取り巻く環境によっては,どの児童生徒にも起こり得るものとして捉え,不登校というだけで問題行動であると受け取られないよう配慮し,児童生徒の最善の利益を最優先に支援を行うことが重要である。
不登校児童生徒が行う多様な学習活動の実情を踏まえ,個々の不登校児童生徒の状況に応じた必要な支援が行われることが求められるが,支援に際しては,登校という結果のみを目標にするのではなく,児童生徒が自らの進路を主体的に捉えて,社会的に自立することを目指す必要がある。なお,これらの支援は,不登校児童生徒の意思を十分に尊重しつつ行うこととし,当該児童生徒や保護者を追い詰めることのないよう配慮しなければならない。

この法律ができる前は、支援は基本は「学校復帰」が前提でした。でもこの法律ではその文言はすべて消されています。

それから「不登校というだけで問題行動としない。」「登校という結果のみを目標にしない。」そして「社会的に自立することを目指す必要がある。」と明記されました。

学校へ行かないことで苦しんできた子どもたちがこれまでも多くいました。良い学校、良い大学へ行くことが幸せな未来に繋がると信じて学校で真面目に勉強したにもかかわらず、大人になってから病んでいる人も増えています。

どんな時代が来ても強く生き抜く力を養い、広い視野で物事を考えることのできる人間力を育てていくこと。それは学校という枠を超えたところで子どもを育む必要がこれからはあるのだと思います。

第12条 学校以外の場における学習活動の状況等の継続的な把握

国及び地方公共団体は,不登校児童生徒が学校以外の場において行う学習活動の状況,不登校児童生徒の心身の状況その他の不登校児童生徒の状況を継続的に把握するために必要な措置を講ずるものとする。

つまり学校や教育委員会は不登校児童生徒がフリースクールなどの学校以外の場において行う活動について把握をしていく必要があるので、連携は必須であるとも捉えられますが、愛媛の場合はまだまだフリースクールの方から話を持っていかないと連携してもらえないのが現状です。

現在、愛媛県のフリースクール等が連携を組み、「愛媛県フリースクール等連絡協議会」を立ち上げ、フォーラムの開催や、松山市の小学校と中学校に不登校支援についての冊子を配布させていただいています。

今後も学校や教育委員会とも連携しながら苦しむ子どもを一人でも減らすために継続的に活動を進めていきたいと思います。

第13条 学校以外の場における学習活動等を行う不登校児童生徒に対する支援

国及び地方公共団体は,不登校児童生徒が学校以外の場において行う多様で適切な学習活動の重要性に鑑み,個々の不登校児童生徒の休養の必要性を踏まえ,当該不登校児童生徒の状況に応じた学習活動が行われることとなるよう,当該不登校児童生徒及びその保護者(学校教育法第十六条に規定する保護者をいう。)に対する必要な情報の提供,助言その他の支援を行うために必要な措置を講ずるものとする。

この文章の大事なところは「個々の不登校児童生徒の休養の必要性」です。

学校へ頑張って頑張って行っていて、糸が切れたように行けなくなる子はとにかく休養が必要です。まわりの大人は気づけなかったかもしれないですが、とにかく疲れています。勉強なんか考えられないし、未来に一筋も希望が見いだせなくなっています。言葉では親に心配かけまいと平気なふりをする子もいます。休養の時間は子どもによって様々です。半年の子もいれば3年かかる子もいます。でもしっかり休養ができれば必ずもう一度前に進もうとします。

それを信じて待つことは簡単そうで大変なことです。どうしても子どもの将来の為と思い、塾に行かせたり、進学校に無理やり行かせたりしてしまう保護者が多いと感じてきました。

本人が決めて行くのであれば問題はありません。しかし子どもの将来に不安な保護者ほど本人に決めさせていると言いつつ、本人にその意思がないまま、習い事などに通いどんどん元気をなくしていくケースを見てきました。

法律で「休養の必要性」を明記したことは画期的なことです。これは全国のフリースクールなどを運営する人たちの切なる願いが言葉となりました。今まで苦しんできたたくさんの子どもたちを見てきた支援者たちが、これ以上同じ苦しみを味わう子どもを増やしたくないという想いが込められているのだと思います。

10月の予定

10月のフリースクールのスケジュールが決まりましたのでお知らせします。

①興居島釣り体験・・・興居島に行き、釣りや海遊びを楽しみます。
②祝谷の山の上で「たき火」にチャレンジ・・・子どもたちが火をおこして「たき火」にチャレンジします。
③哲学の時間・・・哲学の山本希先生に来ていただき、毎回テーマを決め、対話形式でお話をします。
④絵を描いてみよう。(毎週水曜日、希望者のみ)・・・デッサン、漫画や絵の基礎を学びます。
※1・・・基本的には子どもたちと食事のメニューを決めて毎回作っています。


それから少し報告です(^^)。今までスタッフとして子どもに寄り添ってくれていたるい君が9月でフリースクールを辞めることになりました。次なる夢に向かって北海道に旅立ちます!るい君の新しい旅立ちをスタッフ一同応援していきたいと思います。

それに伴て、現在フリースクールのスタッフを募集しています。興味のある人がいたらぜひお声掛けください(^^)/ 

それから不登校無料相談会を9月からも引き続き実施しています。一人で悩むよりは誰かに話を聞いてもらう方が解決策は生まれるものです。ぜひお気軽にお問い合わせください。

無料相談会

9/14からの新型コロナウイルス感染防止対応について

9/14からの新型コロナウイルス感染防止対応についてお知らせします。

愛媛県や松山市における新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、参加してくださるお子様やご家族の方、スタッフの安全確保のため、ご協力よろしくお願いします。

感染対策を徹底していても、感染の可能性はゼロではありません。感染が身近に迫る中、感染者が出た場合も視野に入れ、誰も責めることなく、責められることのない集団であることを前提として、更なる感染拡大をくい止められるよう努めてまいります。


with コロナの中でも子どもたちが笑顔で自分らしくいられる場所となれるよう活動を続けていきたいと思いますので、改めて皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

フリースクールのスタッフ募集


フリースクール等で働くスタッフを募集します。私たち団体が培ってきた遊びや自然とのかかわりを大切にしながら、ひとり一人の子どもの育ちを一緒に応援しませんか。

①応募資格
・年齢原則20歳以上、性別・国籍・学歴不問

②求める人物像
・フリースクール等のスタッフになりたいという目標や意志を持っている
・フリースクール等のスタッフをとおして多様な学び・教育の発展や社会貢献に寄与したいという志を有している


フリースクールスタッフ

1.業務内容:フリースクール等の現場での学び・遊び・体験等の活動と関連する業務1名
2. 勤務地 :松山市祝谷3丁目6-1
3.雇用条件:試用期間3カ月
4.就業時間:週1日~3日 原則9:30から15:30までの1日6時間及び月に1回のスタッフミーティング 
5.勤務日:火曜・水曜・木曜
6.給与 :時給900円

④応募方法
希望される方は下記まで連絡お願いします。
NPO法人みんなダイスキ松山冒険遊び場 事務局
(お問い合わせ info@asobiba-matuyama.org 又は 080-8902-9627(山本))

7月と8月の活動予定

フリースクールたんぽぽの綿毛の7月と8月の活動予定です。お子様の興味のあるものから参加というのも可能です。お気軽にお問い合わせください。

活動内容やご利用金額の変更について

フリースクールたんぽぽの綿毛の活動内容やご利用金額について変更がありますのでお知らせします。(2021.4.17にHP変更)

①週2日通う場合は月24600円となっていましたが、修正して月23000円とします。週1回と週3回はこれまで通りです。
②無料体験期間ですが、これまで2週間としていましたが、6回に変更させていただきます。7回目以降も参加は可能で、参加費は3000円としました。フリースクールに通うお子様の兄弟が1日だけ参加したいという場合も参加費は3000円となります。
③興居島や鹿島での釣りイベントの時、これまでは諸費用をいただいていなかったのですが、車を船に乗せる費用や釣りのエサ代など、どうしても経費が掛かってしまうので5月以降のイベントに対して1人1回1300円+船賃等を請求させていただきます。


2020年2月の予定

フリースクールたんぽぽの綿毛の2月の予定をお知らせします。

①2/10(水)興居島で釣り(3月4日(木)釣りの予定です。)
前回と同じ場所で釣りを楽しみたいと思います。前回はうるめいわしが100匹以上釣れましたが、今回は何が釣れるかな?

②たき火にチャレンジ
「たき火」にチャレンジします。やってみたい子はスタッフに声掛けてくださいね。(常時開催可能)

③ダンボール遊び
2階をダンボール遊びの部屋にします。どんな遊びが始まるかは子どもたちの創造力にかかっています。

④デッサン(水曜日の午後の予定)
漫画や自画像を描くための基礎を学びます。

⑤日曜日に子どもたちの居場所事業やります!
フリースクールたんぽぽの綿毛を開催している祝谷の建物を開放して、子どもたちの居場所事業を1月と2月の第2、第4日曜日に試験的に実施します。活動内容はボードゲームなどの室内でできる遊びを主としたものです。時間は10:00~15:00の間、いつ来てもいつ帰ってもOKです。参加費は1人500円。希望する場合はお知らせください。(2021年2月14日(日)、2月28日(日))

⑥2月6日(土)9:00~祝谷の山のみかんを収穫します。
フリースクール開催日ではないですが、ボランティアの方々に助けていただき、デコポンの収穫を行います。誰でも参加できますのでお時間ある方お手伝いお願いします。

2021年2月のフリースクールたんぽぽの綿毛の予定表です。

フリースペースたまりば理事長の西野博之さんのオンライン講演会のお知らせ

特定非営利活動法人子どもの居場所づくり・相模原のオンライン講演会のご案内です。

1回目の緊急事態宣言時、幼稚園、小中高大学が休校となり、全国の冒険遊び場も開園し続けたところは極少数だったであろう中、開園し続けた川崎市子ども夢パーク。

その川崎市子ども夢パーク所長でNPO法人フリースペースたまりば理事長の西野博之さんを講師に迎えての講演会です。

コロナ禍によってICT化が進み実体験の少ないまま大きくなっていく子どもたち。どんな状況であっても子どもがSOSを出せる環境を地域の中につくること。不安な社会状況の中、大人として子どもたちとどう向き合い守っていけるのか。

みんなで考えていきませんか!

「生きているだけですごいんだ~子どもに関わるすべての大人たちへ~」

○日時 2021年2月13日(土)14時~16時(終了予定)

○参加方法 

①オンライン配信(Zoomウェビナーにて配信)      

②後日録画配信(当日ご都合が付かない方向け)

○参加費 500円

*会場での講演会を実施予定でしたが、緊急事態宣言による施設の利用規制があり、オンライン配信のみとなりました。

↓お申し込みはこちらから↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/…/detail/012nmy11cvm4k.html