2021.10.6綿毛日記

「サンドイッチが食べたい!」

11時を回りお昼ごはんが近づいた頃。メニューの提案をしてくれたのはAちゃんです。
「自分で挟んで食べる。」と、続けて食べ方もリクエストしてくれました。
トマトやレタスなど具材を順調に切っていって、残りはゆで卵。Aちゃんの希望によりマヨネーズで和えます。
「切って挟むのかと思ってた。」と言ったのは大学生のスタッフ。私はAちゃんと同じでマヨネーズで和える以外頭になかったので、「それもありだなぁ。」と少し思いました。

同じサンドイッチのタマゴでも、想像するのが人によって違っている。当たり前のことだけど改めて実感したお昼ごはんなのでした。

今日も美味しかったです、ごちそうさま!(よっしー作ってくれてありがとう!)

*****

今日来てくれたBくんは、切り絵で出た切れ端を可愛くネズミにリメイクしてくれました!
ハロウィンの飾りつけで出た作品だったので「お菓子も作ってそこに集まる感じにする?」と聞くと、1つずつチーズを作ってくれました。

ちょっとずつチーズが増えて、それに集まるネズミ達。とっても可愛い世界観に癒されたので、写真を多めに載せておきますね。

(いくみん)