学校へ行かないということ

学校へ行かないということ

学校に行かない=勉強しなくていい。すきなことだけしてればいいっていう話があります。

不登校児が集まるフリースクールに行ってみたら、全員が顔も上げずにゲームをひたすらやってる。という話もあります。

それに対して、そんな好きなことだけしてればよいフリースクールなの?・・・という批判があります。

不登校になった子ども達は、本当に!弱り切っています。たいていはリハビリから始めないといけない。その次の段階として、外に出る練習となる。

ほとんどの場合、学びができる状態じゃない。

だからまずは外に出て、家じゃない場所でゲームでもいいからやってみようよ。というフリースクールの形もあるわけで。

安心できる場所で自分の想いを話せる場所があって時間をかけてゆっくり回復できる環境が大事だったりする。とにかく話を聞くところから。寄り添うところから始まります。

弱り切った子ども達は学びができる状態にはないのです。(そこまで弱らせたのは誰かは置いといて)

だから今は安心できる場所の提供。好きなことをして心の回復を図るのが先となるのです。

病気入院中の子どもに勉強しろって当然言わない。今は休んで体の回復を考えましょう。「勉強はしなくていいよ」と言いますよね。それと同じ。

弱り切る前に学校以外の選択肢も!

それが拡大して、

学校に行かない=勉強しなくていい

かのようにとらえる流れもあります。

でも、元気があるなら、学校に行かない選択をしても別のことで大いに学べばいいわけで

学校で勉強する選択をする子と、学校以外で学ぶことを選択する子がいてもいい。学びはいろいろな形がある。

学校に行かない。それだけでどうして

(学びができる状態ではない。リハビリから)そんなところまで弱らせないといけないのか。

他に選択肢があれば、学校に行かない選択肢をした子どもが弱りきって(すきなことだけしていたらいい)ようなリハビリをしなくてもすむのじゃないか。

学校に行かない=学校以外で学ぶ。という選択肢があるということ。

弱り切った状態の子どもへの声掛け=(いまは)好きなことをしていたらよい。と、学校行っていない=好きなことだけしていたらいい。

とは分けてほしいな。と考えるのでした。

対して、「学校に行かなくてもいいよ」は違います。

(いまは)弱っているから学校に行かなくてもいい。のではなくて、学校はいつでも行かなくて も よい。のです。

そこまで弱る前に行かない選択をしていい。

それは、学校以外でも学ぶことができるから。

みんなと一緒の方法で、先生の言う通りに学ぶ方がずっと楽で簡単。学校は便利。お金もほとんどかからないし、先生も友人もたくさん揃っている。

それでも不便でも、他のところで学んでもいいはず。

学校以外でも、学び、生き、社会に参加することはできます。そういった学びたい子のサポートをする多様な学び場があってほしい。

学校に行かない=学校に行けなくなるほど元気がない。だから勉強はしなくていい

から

学校に行かない=学校以外で学ぶ。

そういう多様な選択肢が沢山広がることを願っています。

・・・「イエナプラン勉強会」につづく

イエナプラン教育 DVD学習会のお知らせ

日時 3月21日(土)13:00~16:30
会場 松山市ハーモニープラザ 多目的室2(北)
住所 愛媛県〒790-0808 松山市若草町8番地3    地図
参加費 無料
申込 下記申込フォームより
https://www.kokuchpro.com/event/12e22f3a9888b311089431811d8de51c/

子どもの個性を尊重しながら自ら考え学ぶ力を育てる

イエナプラン教育。 

異年齢グループでちがいを認め合い、対話を重視

子どもの問いを学びの出発点とする。

日本でも各地に次々と導入校が広がり話題になっています。

オランダ在住のリヒテルズ直子さん監修の『イエナプラン教育』がよくわかるDVD鑑賞学習会。DVD視聴後には感想を語り合う時間を設けます。
ぜひお気軽にご参加下さい。


『明日の学校に向かって オランダ・イエナプラン教育に学ぶ』 DVD概要
オランダ全土の6つのイエナプラン小学校の教室やその周辺での子ども達の様子を詳細に捉え、リヒテルズ直子がプレゼンテーションと映像のナレーションでナビゲート。
(基礎編) 100分
イエナプラン教育の歴史・異年齢学級・リビングルームとしての教室・4つの基本活動(対話・仕事・遊び・催し)・リズミックな時間割・ワールドオリエンテーション・イエナプラン教育はビジョン(20の原則と6つのクオリティ)・ポートフォリオと評価
(応用編) 42分
マルチプルインテリジェンス・イエナプラン教育の学校建築・違いの受容・インクルージョンイエナプラン教育を支える教員

DVDダイジェスト版はこちら

群馬からきょんちゃんがやってくる!

私たちが2019年4月から開校したフリースクールたんぽぽの綿毛を最初に立ち上げたいと思ったのはその頃、群馬に住んでいたきょんちゃんでした。

「どうして群馬から?」と思う人も多いと思います。私も本当にびっくりしました!

もともと松山出身で、家庭の事業で群馬へ移住をし、2019年4月に再び松山に住むことに。

私自身、長年地域で子どもの居場所事業に携わり、様々な子どもたちを見る中で、学校以外の学びの場があればどれほど救われる子どもが多いことかと思っていましたので、これは「天から指名されたことなのだろう。」と私自身は単純に直感しました。

これまでも何度となくフリースクールをやりたいというお声掛けはいただいたものの、資金不足、スキルがない、情報がない、成功する自信がないとないないづくし・・・。

大きな壁が私たちの前には常にありました。

医師資格を持つきょんちゃんは子どもの発達障害や不登校経験から悩みつつも、様々なところへ出向き勉強し、群馬でオルタナティブスクール たんぽぽ小学園というところを見つけ、二人目の男の子はそこに通っていました。

学校に行かないことで苦しむのではなく、学校以外の学びの場があればどの子も自分の可能性を開花することができる。

学校に行かないことで体も心も弱り切り、生きる意欲もなくなる子どもたちを減らしたい。

きょんちゃんの熱い熱い想いに支えられフリースクールたんぽぽの綿毛はもうすぐ1年を迎えます。

まだまだ未熟な部分はありますが、昨年10月には祝谷のみかん畑を貸していただけることとなり、プレーパーク的な外遊び活動もできるようになりました。これからもどんどん進化して、新しい学校以外の子どもの学び場を作っていきたいと思います。

・・・つぎは「学校へ行かないということ」に続く